"てんとう虫"のテニス合宿専用コート。
全4面のコートは、整備が行き届き周辺の山々を見渡せる絶好の位置にあります。
トイレ、休憩所、水道完備で大変便利です。
高原の涼しい風を感じながらの、テニス合宿で爽やかな汗を流してはいかがでしょうか。

 "てんとう虫"のテニスコート7つのこだわり
 【1】砂  コートに撒く砂はとても大切です。粒が大きいとズルッと滑り足に怪我をしてしまいます。また、細かすぎると風で飛んでしまいます。てんとう虫こだわりの砂は4トントラックをリース、オーナー自身が運転し新潟県の砂を購入。川から海に流れ出すところの砂が良いそうです。
 【2】水まき 乾燥するとコートはひび割れし、悲鳴をあげます。少しでも乾燥すると24時間スプリンクラーで移動しながら地下水を撒きます。
 【3】ローラー コートを使用しない日も毎日のようにローラー乗りは欠かせません。使用直前にローラーをかけてもすぐには良い状態にはならないからです。
 【4】雑草 コートの角から角まで草一本生えていません。
毎日ローラーをかけているからですね。
 【5】石ころ 雪が解けた4月。釘を持って腰をかがめコートをじっと見つめる。2ミリから3ミリくらいの小さな石ころまで釘でほじり出します。小さいと思って掘ると結構大きかったりします。
 【6】ライン 一昔はほうきでラインの上を掃いたものです。結構時間が掛かり一仕事でしたが、今はローラー式の便利なものがあり、常に白くラインは輝いています。
 【7】早朝練習  早朝練習が出来るよう、夕食後暗い中ライトをつけて一人黙々ローラーに乗るオーナーは素敵です。早朝練習がないときはオーナーも一緒にお酒を楽しみます。
大学生のテニス合宿専門宿やコート代無料の宿が多い中、
一般のテニス客が多いてんとう虫は、コートが有料になります。
その訳は使用して初めて分かります。

ぜひコートのよさを実感してください。

テニスコートご利用料金はこちら >>

また、お気に召さない時はコート代は頂きません。
一生懸命テニスを頑張る方をてんとう虫は応援いたします。


【第1回 てんとう虫杯】開催されました!

記念すべき【第1回てんとう虫杯:企業(クラブ)対抗戦】が26名の参加者で開催されました!
今回は三菱マテリアルセラミック工場と東芝研究開発センターの2企業の対戦となりました。

 ★
「第1回てんとう虫杯」詳細 >>
 ★
「第1回てんとう虫杯」大会写真>>