26名の参加者を得、「第1回てんとう虫杯」が無事に終了いたしました。
今回は三菱マテリアルセラミック工場と東芝研究開発センターの2企業の対戦となりました。

18日9時30分より、前泊している仲間も加わりそれぞれが練習開始。大会となるといつもの合宿より一段と気合が入っているようだ。
午後1時から試合開始。それぞれのチームが力のかぎり戦う。ラケットに当たるボールの音と一喜一憂する歓声が食事の支度をしている厨房にまで聞こえてくる。思わず包丁を握る手に力が入る。
拍手と、握手と、記念撮影で試合終了となる。はたしてどっちのチームが勝ったのやら。
温泉に行く人、宿のお風呂に入る人、それぞれに疲れた身体を休める。

男子ダブルス、女子ダブルス、ミックス、はじめに組合せの確認を行い、中央2面を使用して試合をする。
初級者から上級者までレベルが異なるが、どのペアも勝利をつかむ為に必死にプレーをしていた。
両チームからの声援も飛び交い、お互い良い刺激を受けながらの試合運びとなった。
結果としては、6試合中4対2で東芝研究開発センターが勝利となった。
 <三菱マテリアルセラミック工場 成澤談>

懇親会を兼ねた夕食では生ビール飲み放題で大いに盛り上がる。初めて会った人とまるで昔からの友人のように笑いあっている合コンのようなテーブルもある。面白い。
  
いよいよ待望の表彰式。今回「てんとう虫賞」を得たのは東芝研究開発センターのテニス部だ。おめでとう。
賞品もドッサリあります。メーカーさんや、スポーツ店からの協賛品です。有り難いことです。それぞれが沢山の賞品を手に嬉しそう。
ビンゴゲームで盛り上がり宴会も終盤に。皆さん次回に期待して三々五々解散。朝3時ごろまで頑張った人もチラホラ。お疲れ様でした。

19日それぞれが練習や試合を楽しむ。夕べの懇親会のせいか、すっかり打ち解けて1つのテニス部のように思える。
昼食後幹事さんの挨拶があり、来年再び「てんとう虫杯」での再会を約束して解散となる。
皆さんお疲れ様でした。幹事さんご苦労様でした。